日々の出来事・ジョーク・ギャグ・気になること・Coffee・Jazz その他諸々……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「コーヒー焙煎の化学と技術」弘学出版
DSCN1442.jpg

コーヒーを好きな方が、ここにいらっしゃいますが、きっと誰もこの本は持っていないと思います。
10年程前、本格的にコーヒーの焙煎を取り組もうとした時、焙煎に関係する本を調べ、まとめて取り寄せたことがあります。その中の1冊です。10冊近く注文しましたが、ほとんどが絶版でした。本屋さんから注文していた本が届いたとの電話があり、喜び勇んで取りに行きましたが、実際に本を手にしてびっくりしました。
DSCN1444.jpg

こんな金額は用意していきませんでしたので、カードで払いました。すっかり予定外でしたので、小遣いは底をつき、この後しばらくは、完全に金欠状態でした。

内容はというと、化学の先生の書いた完全な研究書です。わけの分からない化学式だらけです。
DSCN1445.jpg

化学関係の仕事を長く行っていましたので、無機化学は分かる方だと思いますが、有機の方はほとんど分かりません。それでも、乏しい知識で少しずつ読み進めています。
役立っているのか、と考えると、やっぱり役に立っていると思います。考える時のバックボーンの一部になっていると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大きな書店で置いてあるのを2回ほど見かけた事があります。その度に、手に取って見て、中身のむずかしさと、値段の高さにビビって、迷ったあげく買いませんでした。
この記事を読んで、やっぱり買うんだったなーと思いました。
2006/01/23(月) 21:46 | URL | とんきち #-[ 編集]
図書館で借りた中で唯一手元に欲しいと思った本。
とりあえず貸し出し延長。一ヶ月半ぐらいうちにいました。
ゆっくりでないとデータ読めないから。
貯まっているポイントで買おうと思ったらとんでもなく高くてorz
2006/01/24(火) 01:23 | URL | 客人 #VWFaYlLU[ 編集]
何でもそうかもしれませんが,奥が深いものですね.
最近は単純なものほど難しいと言うことが解ってまいりました.
2006/01/24(火) 19:42 | URL | 直さん #-[ 編集]
今晩は、
僕もこの「コーヒー焙煎の化学と技術」は古本屋で安くでないか探しているのですが、
見たことないですね、大きな書店で一度見た事はあるのですが、、、

日本語で書かれた珈琲本であと高額だけど欲しい本、といえば、、「ALL ABOUT COFFEE」(ウィリアム・H・ユーカーズ著)でしょうか?やっぱり。
確か定価30000円、、、
2006/01/24(火) 22:07 | URL | ロデム #j6qhiXM6[ 編集]
皆さんが良く知っていらっしゃるので、正直びっくりしました。
今もって都合の良いところだけを拾い読みしている状態です。
詳細な化学構造については、手も足も出ませんが、実験方法とか、測定方法についての概略は分かるので、少しは使いこなせているのかも知れません。
2006/01/26(木) 00:59 | URL | kick #0ho3/X9Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kickcofee.blog21.fc2.com/tb.php/39-44e4fe4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。