日々の出来事・ジョーク・ギャグ・気になること・Coffee・Jazz その他諸々……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コーヒーを販売していて、コーヒーを粉で買って頂いた方には、必ずミルを買っていただくようにお勧めしています。

 30年程前、私が働いていた喫茶店では、デッティングのカットミルを使っていました。今でもこれを越えるミルはあまり無いと思います。手回しミルでは、軸受けが一点で臼歯がぐらぐらするやつは、メッシュが揃わなくダメです。作りが良い軸受けが2点のやつは良いのですが、値段が高く1万円ぐらいします。ひき肉を作る機械のような形のスポングという会社のやつは非常にメッシュが揃って良かったように記憶しています。
後は、カリタの鋳物で出来た動輪型は良いのですが、これも高いです。
 そんなわけで、ミルについて、あれは良いとか悪いとか言っていました。
 でも今は、ホームセンターなどで1000円ぐらいで安売りしているプロペラ式の電動ミルでも良いと思っています。
 どんな高価なミルを使ってコーヒーを挽いても、2~3日たつと、安いミルを使ってその場で挽いたものより、コーヒーの味が落ちるからです。コーヒーを粉にすると、表面積が一気に大きくなります。(1粒のコーヒーを100個に粉砕した場合、単純に計算しても表面積は100万倍になります。実際はそれ以上です。)
 コーヒーは酸化すると、本来の香りが無くなり、酸化臭をおびてきます。他の食品では、腐ったといっても差し支えの無い状態になります。そしてスーパー等で粉で売っているコーヒーは、この状態です。そして多くの消費者の方が、この状態のコーヒーを普通のコーヒーと認識しています。
はっきり言って、私は飲みたくありません。自分が焙煎を始めたきっかけは、手近なところで買うことの出来るコーヒーが、粉だけでなく、豆の状態でも、いつ焙煎したのか分からないような、酸化しきったものしか無かったからです。
ついでに言ってしまえば、それほどコーヒーの知識や、焙煎の技術が無くても、新鮮なだけで、ある程度おいしい店といった評判をとることが可能です。

お勧めのミルは、すべて電動です。とりあえず、の方は、出来る限り安く買えるプロペラ式をお勧めします。コーヒーの豆を入れる部分が、斜めになっているタイプが、豆が攪拌され挽きムラが出にくいと聞いたことがありますが、安いやつを買って、挽く時に全体を少し傾けてやると、良いと思います。少しぐらい挽きムラがあっても、数百万する最高のミルで挽いた豆の3日目よりは絶対良いのです。
少しお金をかけても、良いものをという場合は、5,000円以下だったら、 ブリエル コーヒーグラインダー (MEC5009J)をお勧めします。(いろいろ調べましたが、ここで買うのが一番安いようです。)
10,000円以下であれば、カリタのセラミックミル、
それ以上の場合は、カリタの「ナイスカットミル」、フジローヤルの「みるっこ」がお勧めです。

「セラミックミル」「ナイスカットミル」「みるっこ」については、ネットで一番安いところを、見つけたらお勧めのコーナーにリンクしておきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。クルンテープと申します。
相互リンクいただき、ありがとうございました。
常々ブログ拝見しておりました。
サンプルロースターパンチングを購入するに当たっては、9/30の記事がとても参考になりました。
自作しても費用はさほど変わらない事、工夫次第で富士や井上に近い構造にできる事が分かり、パンチングを購入した次第です。
>自分の焼いた豆を飲みたくないと思ったのは、この期間だけです。
私も購入後の半月は後悔するほど上手くいきませんでしたが、kickさんの記事を励みに焙煎を繰り返しています。
これからよろしくお願いします。
2005/12/23(金) 15:37 | URL | クルンテープ #-[ 編集]
コメント有り難うございました.はじめまして.
皆様のプロの皆様からコメントいただけるとは嬉しいやら,恥ずかしいやら・・・

どこまで通用するか解りませんが,自分で決めた道ですので頑張ってみます.
2005/12/24(土) 16:32 | URL | 直さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kickcofee.blog21.fc2.com/tb.php/32-3091223f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。