日々の出来事・ジョーク・ギャグ・気になること・Coffee・Jazz その他諸々……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、Bud Powellのアルバムを2枚紹介します。

B00005GKAB.09._OU09_PE05_SCMZZZZZZZ_.jpg
1枚は有名な”Cleopatra's Dream”の入ったThe Sceane Changes です。以前テレビのCMに使われていましたから、聴けばすぐ分かると思います。1958年の演奏です。
Bud Powellは、モダンジャズのピアノのスタイルを作った人です。メロディラインの展開がそれ以前のピアノプレーヤーとはまったく異なります。そして、彼以後のジャズピアニストのすべてに影響を与えました。

B0000259VS.09.MZZZZZZZ.jpg
2枚目は、「バド・パウエルの芸術」です。私はこのアルバムを擦り切れるほど聴きました。47年の初リーダー・セッション8曲と53年の8曲がLP(アナログ)レコードに入っているのですが、初リーダーのA面の方をです。とにかくイマジネーションあふれる演奏で、何度聴いても新たな発見があるのです。
これからまた何度も聴きたくなると思います。そしてまた新たな発見があると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
二枚目の方はよく聴きました!
でかそれしか持ってなかったです。
クレオパトラのCDは兄から一度借りて聴いただけです。

僕はデックスのOur Man in Paris(輸入版かな?)で演奏しているのパウエルが好きです。
特に最後のLike Someone In Loveがデザートのようでとても美味しい!
2005/11/16(水) 18:34 | URL | Monk #F0.MO5yY[ 編集]
Jazzも聴いてみたい、思っておりまして上記の2枚、探して聴いてみます!
2005/11/16(水) 22:06 | URL | sheaf #-[ 編集]
Monkさん
>Our Man in ParisのSomeone In Loveは、CDになってからのボーナストラックですね。私のところのLPレコードには入っていません。

sheafさん
>いろんなアルバムを紹介していきますので、よろしくです。
2005/11/17(木) 02:44 | URL | kick #0ho3/X9Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kickcofee.blog21.fc2.com/tb.php/22-ae18d4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。