日々の出来事・ジョーク・ギャグ・気になること・Coffee・Jazz その他諸々……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Star Fell On Alabama(アラバマに星落ちて )
今回は2つのアルバムから、この曲の紹介です。
image
"Satchmo At Symphony Hall"
Louis Armstrong and The All Atars
サッチモのアルバムのでも、一番というぐらいの名盤です。この曲だけトロンボーンの Jack Teagarden が歌っています。私はこの人のトロンボーンと、そのフレーズをそのまま声にした歌が大好きです。演奏内容はすべての曲について文句なしにすばらしいです。若い人たちにも是非聞いてほしいなぁと思います。      Nov 30 1947 Symphony Hall Boston

image
"Cannonball Adderley In Chicago "
Cannonball Adderley Quintet
もう一方の ”Cannonball Adderley In Chicago” は、サッチモの演奏から約11年後の1959年の演奏です。
Mile Davis の Sextet から、御大が抜けたメンバーです。この曲だけ、テナーサックスの Cohn Coltrane も抜けて、 Quartet の演奏ですが、こういった曲の時の Cannonball は実に巧みです。リズム隊も Winton Kelly のピアノをはじめ聴きどころが随所にあります。
こちらも、 Star Fell On Alabama だけでなく、全曲お勧めです。
スポンサーサイト
image
焙煎機自作関係の話題です。
焙煎中の温度を測定する場合、なかなかいいやつが見つかりませんでした。家庭向けのクッキング温度計は、ほとんどが200℃までしか測定できないため使えないし、それ以上の温度まで測定できるやつは値段が高いのです。



image
数年前、イオンの台所用品売り場で見つけた温度計がこれです。250℃まで測定できます。
DRETECという会社で作っていて、先ほどホームページを見たら、測温部分と表示部分が分かれているタイプもあるようです。
また、焙煎機を電動化する場合、ギアドモーターを使うわけですが、いろいろ調べた結果、日本サーボのやつが安いようです。

庭に枯葉が落ち始めています。

柿の木の実が色づき始めました。(渋柿です)



近所のリンゴ畑です。そろそろ食べごろです。





The Popular Duke Ellington
image
デューク・エリントンは、20世紀を代表する音楽家で、Jazzのみならず多くの音楽家に影響を与えました。このアルバムには、Take The A Train(A列車で行こう)をはじめみなさんが良く知っているエリントンの曲が入っています。
素敵なメロディー、名手たちのソロ、聴き所はたくさんありますが、私は特にアンサンブルに注目します。
エリントンは、亡くなるまで寸暇を惜しんで楽譜を書き直していたのだそうですが、非常に良く出来た編曲があるのになぜ楽譜を書き直す必要があるのかを考えたとき、ひとつの結論に達しました。
それは、アンサンブルの構成を、楽器ではなく、演奏者で考えていたのでは、ということです。このアルバムのMood Indigo でハリー・カーネー(ベースクラリネット)、ラッセル・プロコープ(アルトサックス)、ローレンス・ブラウン(ミュートトロンボーン)の3管アンサンブルに、ポール・ゴンザルベスのテナーサックスがからむのですが、このベースクラリネットは、誰のでもなくハリー・カーネイのベースクラリネットでなくてはならないのです。個々の音色を加味した上でアンサンブルの構成を常に考えていた、といった方が分りやすいかもしれません。メンバーの体調、入れ替えなどを考慮した常にベストなアレンジを求めていたと思います。
アンサンブルに注目してこのアルバムをはじめエリントンのアルバムを聴いてみると、この人の本当のすごさがもうひとつ分ります。
さらに、このバンドには至上最高のバリトンサックス奏者ハリー・カーネイがアンサンブルの低音を、スパーハイノートトランペッターのキャット・アンダーソンが超高音を出していますが、実は、エリントンのピアノがアンサンブルの最低音と最高音の隠し味になっています。
焙煎機全体



カバーを開いたところ



豆の出し入れ口



ハンドルと軸受けのベアリング



ダンパー全開



ダンパー半開



鋳物のガスコンロ



電動化







家族で買い物の帰りに、「長清水」によって水を汲んだ。




ちょうど、夕日が奥羽山脈に沈みはじめたので、少し高いところに移動した。


今日は、どんよりした天気で、あまりパッとしません。
こういうときは、気分も沈みがちです。
Thelonious Monk Plays Duke Ellington
優れた作曲家でもあるMonkが、すべて他の人の曲を演奏しているアルバムは珍しい。
Solitudeをソロで演奏しているが、他の曲はOscar Pettifordのベースと、Kenny Clarkeのドラムスを配したトリオである。

monk1.jpg
MonkのピアノはArt Blakeyのドラムスと絶妙のマッチングをみせるが、Blakeyと比較すると端正なClarkeのドラムスが、Ellingtonの曲にはふさわしい。
演奏を聴いていると、非常に暖かな気分になってくる。寒い冬の夜に凍えた体で表から暖かい室内に入りこのアルバムが鳴っていたら、本当に身も心も温まる、そんな感じがする。
Monkの手で、Ellingtonの素敵なメロディがまるで子供が積み木を扱うように、崩しては積み上げられ、また崩される。そのひとつひとつの動作を見ているような、楽しさ、暖かさがある。

忘れてはいけない、Pettifordのぶつぶつ切っていくような、ガット弦のビチカートを。Monkの背後に回ったとき、そしてソロのとき、優しい音色で音楽全体に強いスイング感と落ち着きを与えている。

他のMonkのアルバムに比べてインパクトは少ないかもしれないが、これは、私の大好きなアルバムである。
雨が降っています。肌寒いです。
稲刈りも半分ぐらい進み、今週のうちにはすっかり終わりそうです。

IMG_1231.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。