日々の出来事・ジョーク・ギャグ・気になること・Coffee・Jazz その他諸々……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーバーコーヒーのホームページで紹介されているミルク缶焙煎器を作り、早速焙煎してみました。

IMG_3082.JPG

非常に理にかなった構造なので、コーヒーの焙煎をはじめる方にお勧めしてきましたが、自分で使うのははじめてです。

最初はカセットコンロを使い、ザンビアを150g焙煎してみました。豆の変化を確認しながら、業務用の焙煎機と同じように焙煎が進むようなイメージで、ミルク缶とカセットコンロの位置を変化させながら進めていきました。

IMG_3085.JPG

フルシティーまでもっていきましたが、一番火力の必要な時ミルク缶をカセットコンロにぶつかりそうなところまで持っていって丁度いいようです。

焼きあがった豆は、ご覧通りムラも無くふっくらとしています。先ほどカッピングしてみましたが、合格ラインと思います。

もう少し火力があると、調整範囲が広くなるのでLPガス用のコンロに変え、2回目の焙煎を行いました。

IMG_3081.JPG

今度は、コスタリカをシティまでです。

IMG_3086.JPG

これも、ムラが無く良い感じです。これはプレスで淹れて飲んでみましたが、マイルドな感じに仕上がっています。

もう何回か焙煎すれば、ある程度は思い通りに使えそうです。生豆屋さんからいただいた少量のサンプルを焙煎する時に重宝しそうです。

スポンサーサイト

IMG_2662.JPG

私にとって3代目か4代目のミルである。

入手したのは25年ぐらい前だったと思う。友人からもらったと記憶している。20年ほど使わないで、戸棚の中に入れたままになっていた。先日、ATRIERさんで、これと同じようなミルを使ったが、なかなか豆の挽き具合がいいので、戸棚から出して使ってみることにした。あちこち、すっかり錆び、ゴミもたまっていたので、ワイヤーブラシで錆を落とし、分解してゴミを取り、わずかだけ油を差した。そして、古くなった豆を、3度ほど挽いてから、本番用を挽いてみた。

豆が挽く時の感じがなかなか良い。コーヒーの豆に、ミルの歯が食い込んでいく感じが良く分かるのである。最近の大部分の手回しミルと違い、シャフトの支点が2箇所のため、外と中の歯の間隔が一定になるため、安定性がある。

IMG_2666.JPG

挽き具合だが、やはり業務用やナイスカットミルと比べると、ばらつきが多く、微粉が多い。

IMG_2667.JPG

肝心のコーヒーのお味はというと、粉のばらつき具合ほどの差は無くて、充分合格点を付けることが出来る。

細かい味が出ているし、輪郭もシャープである。

少し大きいが、野外でコーヒーを淹れる時は、これを持ち出すことにしよう。

ATELIERさんにある焙煎機付きのコーヒーメーカーです。
IMG_2639.jpg

IMG_2641.jpg


打ち合わせでお邪魔した際に、この機械を使って焙煎したコーヒーをいただきました。豆は、コロンビアグラシア農園。1回目は、焙煎時間の目盛りを3にセットしてみましたが、少し浅すぎて、生っぽかったので、2回は、目盛りを5(最大)にして、豆の色を見ながら、手動で止めることにしました。目盛り4で、シティぐらいになるようです。冷却時間は5分。それが終わると、突然、掃除機を使った時のような大きな音がして、びっくりします。ミルでコーヒーを挽く音です。そして、そこからは普通のコーヒーメーカーです。生豆を入れて、つまみを回して、待っているだけでみんな機械がやってくれるので簡単です。
出来上がったコーヒーは、非常にすっきりして美味しいのです。非常に新鮮で素朴な感じです。
焙煎方式は、完全な熱風式で、シティで5、6分で焼きあがります。
さすがに、業務用の焙煎機で私が焼いたものと比較すると、細かい味は出ていません。焙煎直後であることも大きいと思います。
カリブ海産(キューバ、ハイチ、ドミニカ…)などの薄い豆を、さっと焼いて軽いコーヒーを飲むんだったら、これで充分だと思いました。
コロンビア グラシア農園です。
今日、生豆が届きました。
co.jpg


グリーンが濃くて状態は非常に良いです。
IMG_2484.jpg


カッピング用として、2段階に焙煎してみました。
浅い方は、2ハゼが始める直前、深い方は、2ハゼピークです。
焙煎チェックのため、浅い方はプレス、深い方は、ペーパードリップで淹れ飲んでみました。まだ豆が落ち着いていないので、細かいところは分かりませんが、非常にすっきりしたいい酸味あります。

IMG_2488.jpg

ケニア ガチャミ(オークションロット)
ナイロビ・オークションロットとAAがなくなったので、ガチャミに替えました。
ケニアのオークションロットですから、生豆は非常にいい状態です。焙煎し、試飲しましたが、香り、味とも申し分ないと思います。
ナイロビオークションロットは、クリーンな感じで、香りも充分でしたが、少し弱い感じでした。味の濃厚さだったら、通常のAAの方がありました。
ガチャミ 味が濃いです。自分の好みから言うと、こっちの方です。タンザニアオルディアニも、濃厚な感じですが、いい勝負です。
IMG_2392.jpg

IMG_2389.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。